2005年11月06日

座頭市は形から・・・。


正絹紬織作務衣 礼【伝統芸術を着る会】


どうです?作務衣ってかっこいいでしょ?

気分は座頭市ってところでしょか?


元来、作務衣は禅宗の修行僧の作業服だったんです。

「作務」とは、日常の労働作業の事で

掃除や炊事、洗濯などをする時にきていたんです。

もともと、長めの上着だけだったんですが、

今のような上着とパンツの形になったのは

比較的最近の事らしいです。

作務衣を着ると気が引きしまるのも

こういう由来があるからなんでしょうね。



作務衣を着るならオススメします。

何てたって渋い。

それに紺は誠実で清潔感あふれる印象を与えるんです。

頭に思い描いてみてください。

学生さんたちが就職活動で身に着けるスーツは

紺が多いでしょ?

人に与える印象がとてもいいんです。

そして、着ている自分も癒される。

最高の着心地!!!

のんびりしたい休日、身も心ものびのびしてみませんか?


正絹紬織作務衣 礼【伝統芸術を着る会】



正絹紬織羽織 礼【伝統芸術を着る会】



正絹紬織羽織 礼【伝統芸術を着る会】



▲このページの先頭へ
posted by もんじゅ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。